人気ブログランキング |

モモの育て方

peachdoggy.exblog.jp
ブログトップ

軟口蓋過長症

幼い頃から、桃次郎は興奮すると水っぽい痰の絡んだような音の咳を沢山していました。
ガラガラ ブシャブシャ グァーグァーって。
d0261261_1141594.jpg

でも通常時はとても静かです。イビキで呼吸が止まっている様子もない。
鼻ぺちゃな犬はきっと皆こんな物なんだね~と思っていました。
それが1年前、isola君に偶然会った時、驚いた。
d0261261_116088.jpg

元気よく遊ぶisola君は全くの無音。美しい程に。他のフレブルちゃんなども無音。

地元の獣医さんは「喉に炎症を起こしてるかも」なんて言って抗生剤を出すのですが、きっと違う・・
そんな時、こまめちゃんクレイ君と立て続けに軟口蓋過長症の手術をしていて、桃次郎もそれだろうか?と疑っていました。

少しずつ咳がひどくなってるし、まだこの子の人生は長いし、
一度診てもらおうか、とTCオーナー様から白石先生を紹介していただき、
まん丸な頭のレントゲンを撮ったのが、昨年末。
案の定、軟口蓋過長症で、いずれ手術をした方がいいねと言われました。
d0261261_14021150.jpg


ご存じの方も多いでしょうが、こんな感じね。
人間で言う「喉ちんこ」が長く太く、興奮して口がひしゃけると、軟口蓋が気道を塞いでしまいます。
桃次郎のような鼻ぺちゃな種類に多い病気です。

そして昨日が手術日でした。
約束の時間、昼12時。終わるのを待合室で待っているのかと思ったら、
「16時~19時に迎えに来てください。」
とのこと(麻酔が切れるまでに時間が掛るのでしょう)。

何かを察知したのか震える桃次郎を残し、私も緊張から頭がクラクラしました(笑)
永遠とわの別れのような不安と悲しみをひきずりつつ、しょうがないのでお隣の町、川越へ行き、観光を楽しんでる間にも、
d0261261_11221784.jpg

無事手術が終わる事を祈願したり
d0261261_1123328.jpg

名物さつまいもソフトを食べたりして(濃厚!めちゃくちゃウマい!!)
d0261261_11232858.jpg

時間を潰し16時きっかりにお迎え。

「怖カッタヨ!ドコ行ッテタノ!」と飛びつかれる事を予想するも
d0261261_11264865.jpg

d0261261_11491431.jpg

麻酔で眠そう・・・・・・かなり無反応でした。この子らしいや。

「人懐っこい子なので、全然嫌がらずやりやすかったです。」と言って頂けました。

今日はもう元気にご飯も食べ、散歩へも行ってきました。
まだ変化はわからないですが、今年の夏の散歩はゼーゼーしないで過ごせたらいいね。

桃次郎、お疲れさまでした。












by peach-doggy | 2014-01-26 11:51 | 体のお手入れ・病気