モモの育て方

peachdoggy.exblog.jp
ブログトップ

君に夢中

昨年末、ペット飼育可のマンションへ引っ越した。

「何犬 飼う~?」
     「男の子~?女の子~?」
           「っていうか残業どうするよ~?」

なんて きゃっきゃきゃっきゃ夫婦で話し合う日々が続いた。

この頃には 犬派ヨチヨチ歩きの夫も、自我が芽生え出し、
犬の好き嫌いが出て来たようだ。

そういや、彼は雑誌で人生初のビジョン・フリーゼのトリミングを目にして、
大爆笑していた。そこ、結構通る道だよね。

そして当初、私は実家と同じイングリッシュコッカースパニエルどうよ と勧めた。
玄人向けの細面長フェイス。犬界の段田安則に彼は難色を示した。

彼はむしろ 丸顔ファニーフェイス+がっちり体系 がお好みなよう。

悪くない。そんなのも悪くないね。

そしてボストンテリアを迎え入れる事にしました。

2月、ボストン界で常にイニシアティブを取り続ける「top-character」さんにお邪魔し予約。

・4/17 生まれた!
・5/27 見に行った!

骨太な男の子。キラキラお目め。性格もいい。
スパっとハートを射抜かれ この子に決めました。

d0261261_12385166.jpg


夫、口元緩んでる。

今週土曜にお迎え。
[PR]
# by peach-doggy | 2012-06-12 12:40 | 犬との生活 | Comments(0)

犬好き

実家では常に犬が居た。
アラスカンマラミュート ラブラドールレトリバー イングリッシュコッカースパニエル・・

・幼少期~ 憧れはやっぱり ムツゴロウ
・思春期~ 好きだった先輩が犬に触る事ができないと聞き、愛が醒める
・青年期~ フィンランドまで行き犬橇体験

犬。イイよね。だってカワイイし癒されるし人懐っこいしー。

けれど結婚した夫は無類の猫好き。
・・そうねそうね・・いいんでしょうね。猫もきっと。知らんけど。

でもある日、野良猫の頭を撫でた夫が 一言。
「んもう!!頭、触らせてくれた(ホクホク!!)」

なんですと?

触らせてくれた?  触らせて頂けた? 触らせて頂けて光栄です?


それから私は夫を実家へ連れて行き、
どんなに犬が人間と一緒にいる時に悦び、愛情を返してくるかを見せつけてやった。



そして・・夫は犬を愛し始めた。
d0261261_12301188.jpg

[PR]
# by peach-doggy | 2012-06-11 18:38 | 考え事 | Comments(0)