「ほっ」と。キャンペーン

モモの育て方

peachdoggy.exblog.jp
ブログトップ

術後の様子(軟口蓋過長症)

術後1週間目です。
d0261261_20152717.jpg

【現在の様子】
・ともかく静か。どこにいるのか分からないくらい。
・イビキを全然かかなくなった(ちょっと寂しい)。
・オナラを滅多にしなくなった(意外と寂しい)。
・興奮時も穏やかな顔をしている。

【術後起こった事】
・手術当日から5日間。
 アゴが外れたような驚きの顔をして、「オエっオエっ」とする事があった。
 →これはネット検索すると沢山同様の症状の子がいました。
  喉が腫れていたり、縫った糸が気持ち悪かったり・・だそうです。
  人間で言う骨が喉に詰まったような感覚でしょうか。
  あと毎日大量に水を飲んでいました。

・手術当日から4日間。
 血便が出続けた。便の表面に褐色の血の袋や血が混じっている。
 →これはネット検索しても一切ヒットなし。心配で病院へ問い合わせたところ、
   ・・・ストレスなどだそうで。実はよくある事だそうで。。
   鮮血が出続け、食欲・元気がない場合は問題だけど、
   そうでなければじき回復すると言われました。
   桃次郎はお尻に血を付けながらボール持って我々を追いかけ、
   食欲もこれまで以上にあったので大丈夫。

これから同じ手術を受けさせようとしているオーナーさんがいらっしゃれば参考にしてください。

【番外編】
今日出会った子。
左:桃次郎 右:桃吉クン。2人のモモちゃん。
d0261261_2030556.jpg

2人とも顔がピンクで赤い服で、兄弟みたいでした。
[PR]
by peach-doggy | 2014-02-02 20:39 | 体のお手入れ・病気 | Comments(8)
Commented by こまスフ母 at 2014-02-03 22:24 x
うんうん、 2人の桃ちゃん 可愛い~♪
素敵な出会いでしたね 

こまめの術後は 白石先生の所とTCさんでお世話になり
正直 経過をよく知らないんです。。
出血あれば 心配になりますよね  元気って所は安心ですが・・

こまめ、術後暫くは吐くことはなかったけど最近また少し吐きます
以前と比べると 全然少ないけど。また軟口蓋が伸びてきている???
3月にTCさんへ伺った時聞いてみたいと思います

そうそう、3月の幕張での単独展 参加はしませんが見学に行きます
20日に千葉へ、TCさんでお世話になる予定です
また あの ボステリまみれになれるのかと思うと  嬉しすぎる~
桃次郎君にも また逢いたいな~ (*≧∀≦*)
Commented by peach-doggy at 2014-02-04 12:31
こまスフ母さん
桃吉君。動きが桃次郎にそっくりで本当に楽しかったです。
和名のボステリに会うとやけに親近感を覚えるのですが、
しかも「桃」の字まで!
お互い飼い主がテンションあがってました(*´艸`*)

血便が出た時、最初こまスフ母さんに相談しようかなと思ったのですが、そういえばすぐ帰宅してなかったなぁと思い、直接病院へ聞いてみました。
今回飲み薬なしで、1週間効く点滴がしてありますと言われたんですが、それが強くて血便になるとかって事はありますかね?
よくわからないですが、何はともあれ5日目からピタっと血が止まってホッとしました。

こまめちゃんはまた吐くようになりましたか・・・
心配ですね。いい機会なので来月川本さんに見ていただけるといいですね。。。

21日、われわれも行けるように頑張ります!

Commented by クレイ母 at 2014-02-04 23:58 x
クレイは特に症状もなく、血便もありませんでした。
フードは柔らかくしてあげてました。
白石先生は確かレーザー手術なので、クレイの時とは
少し違うかもしれません。

桃次郎くん、桃吉くんかわいい~。(^o^)
Commented by こまスフ母  at 2014-02-05 20:24 x
術後可能性としては挿管チューブを入れる時に多少は粘膜を傷つけ
てそれを飲み込んで出てくる?
でもそれだと鮮血な血ではなく赤黒い血なので違うかな?
1週間効く薬は抗生剤かな?
一番は やっぱり緊張でのストレスかな。。。
でも 出血が止まり本当安心しましたね
Commented by peach-doggy at 2014-02-05 23:01
クレイ母さん
そうか、クレイ君はレーザーじゃないんですね。
血便出しながらも元気いっぱいだったんですが、やっぱり心配しましたね。
怪我の功名としては、手術当日、丸一日ご飯がもらえなかったので、それが辛かったらしく翌日から今日に至るまでこれまでにないフードへのがっつきを見せてますo(^▽^)o
Commented by peach-doggy at 2014-02-05 23:05
こまスフ母さん
あ、鮮血じゃなくて褐色系でした。お尻を拭き取ると赤ワインをふいた台拭きのような色に見えました。
まあストレスはあったかも。
普段、獣医さん平気な子なんですが、あの日に限って待合室で泣き叫ぶ子がいまして、恐怖が伝染してぶるぶる震えてました。
そのまま置き去りにされて、心細かったと思います…>_<…
Commented by もと at 2014-02-08 14:35 x
二人の桃ちゃん 穏やかで良い顔つきですね~(^o^)
桃ちゃん 術後のリハビリ頑張ったね~(^o^)
Commented by peach-doggy at 2014-02-08 22:13
もとさん
相性ってあるんですね~。2人とももともと友達だったように、リラックスしてくっついていました(^◇^)
術後やっと、何の不調もない日常が戻って来ました。よかったよかった。