モモの育て方

peachdoggy.exblog.jp
ブログトップ

ロンドン犬事情

昨日までの1週間、夫婦でロンドンに滞在していました。
d0261261_1891914.jpg

ロンドンは、私が20代に1年間生活した街。そして夫が小学生時代を過ごした街。
定期的に訪れては、様々な発見や再確認を繰り返す、2人にとって大切で特別な場所です。
d0261261_18151390.jpg

比較的、どの国籍からの移住もウェルカムな立場を取っている国なため、
皮膚の色、物の考え方、風習、英語のイントネーションなど全てバラバラで、だからこそ気負う事なく
ありのままの自分をシンプルに表現でき、私達はいつも日本よりも伸び伸びと過ごせると実感します。

そしてまた、私はあの国の花を愛する精神がとても好きですね。
d0261261_18185530.jpg

夫はと言うと、幼少期を過ごしたためか、味覚が完全にロンドンっ子。
他愛もない朝食に懐かし過ぎて感動し、
d0261261_18195681.jpg

日本人としてありえない程大量のビネガーを振り掛け、フィッシュ&チップスばかり食べています。
d0261261_18205286.jpg

・・・と、つい前置きが長くなってしまいましたが、ロンドン犬事情です。
まず朝はホテルからほど近いハイドパークへ散歩に行ったのですが、
d0261261_1824564.jpg

リスや鳥が多く広大な公園内を、ノーリードで沢山の犬が散歩しています。
d0261261_1825869.jpg

みんな自由気ままに歩いているように見えますが、
d0261261_18255466.jpg

呼べば絶対に飛んでくるし、飼い主の言う事をよく聞きます。
聞いてみたのですが、パピーの頃から犬は成犬と同じ。甘やかさないそうです。
「日本人は高い声で、犬や子供に接するわね。ゆっくりと低く柔らかい声で語りかけた方が、思いは伝わると思うわ」と。
お利口だから、こんな風に見ず知らずの私にリードを貸す事も問題なし。
d0261261_18275213.jpg

普段「桃ちゃわーーーん」なんて甘い声出している私には痛いセリフ(笑)
d0261261_18301646.jpg

この子はブルドッグ生後5ヵ月のローラちゃん。日本の夏より涼しくて鼻ぺちゃには幸せね。
d0261261_18322033.jpg

ともかく街中を犬とともに歩く人が多く、デパートでさえ抱きかかえて勝手に入る人がいるほど。
カフェはどこでも犬OKだし、羨ましい限りです。
確かパリかどこかも、「犬不可」のマンションを認めない法律が出来たような。
「犬を飼う事は人が生活する上で基本的に認められた権利だから」だそうです。羨ましい。
d0261261_18342326.jpg

イギリス原産のE.コッカー。何度見てもイギリスの子達は顔がでかい。
d0261261_18352182.jpg

そしてボストンにも出会いました。ベリーちゃん。とても人懐っこい11キロの女の子。
「やっぱり・・・物凄く高く上へ飛び跳ねますか?」と聞いたら、思いっきり苦笑いして、
「ええ、もう本当にね。跳ぶわ。この子」と言われて、こちらも苦笑い。

滞在中、日本が恋しくなる事は全くなかったのですが、桃次郎については恋しくて恋しくて。
今週の土曜お迎えに行く予定を変更して、昨日帰国後すぐ頑張って2人で行ってきました(笑)

桃ちゃんも大喜び。この安心した表情。かわいい。
d0261261_18374347.jpg

ロンドンのようには行かないけれど、
日本でも出来る限り、桃次郎を自然と触れ合わせてあげたいと感じた旅でした。

夫は今日から、私は明日から仕事に戻ります(嗚呼)。
[PR]
by peach-doggy | 2013-08-28 18:48 | お出掛け | Comments(2)
Commented by クレイ母 at 2013-08-29 07:44 x
お帰りなさい。
今日からお仕事ですね。
読んでたら旅に出たくなっちゃった。

桃次郎くん幸せそうなお顔してる。www
Commented by peach-doggy at 2013-08-29 12:39
クレイ母さん
ただいま!出社してますが、もう時差ボケで眠くて大変ですzz
私も6月にある人の旅行記を読んで「やっぱり今年も頑張って行こう!」と旅モードが高まって行ってきました(笑)

桃次郎はおもちゃをベルに奪われていたためか、昨日は一日中おもちゃを咥えてご機嫌でした。やっぱり家族3人しっくりきます。